プチ断食に重要な復食期間

究極のダイエットを考える人ならまず考えるのが断食ダイエットという方法です。
最近では、食事をジュースやサプリメントに置き換えることで、厳密な断食ではないけれど断食のような効果を起こし、更に続けやすいといったプチ断食が流行しています。

このような断食、プチ断食では、身体を一度リセットすることで新しいリズムを作ることの出来る非常に効果的なダイエットです。
しかしこの断食ダイエットにはしっかりとした方法があり、「ただ食べなければ良い」という考えや「数日食べなかったので復食を始めたらたくさん食べて良い」などという間違った認識を持っていると、せっかくの断食が失敗に終わってしまいます。
そこで今回は、正しいプチ断食法として、特に重要な復食期間についてお話したいと思います。

断食ダイエットにおいて、断食期間は何も食べないか、ジュースやサプリメントなどの摂取のみを行います。
復食期間とはその言葉の通り、食を復活させる期間のことで、実はこの復食機関が断食における非常に重要な意味を持ちます。
まず断食期間において、その人の胃は非常に小さくなっていきます。
そこでいきなり復食だといって、今までと同じ量を食べようとしたり、さらには今まで以上の量を食べようとしてしまっては、胃にとても大きなダメージを与えてしまいます。
なので復食期間には、ゆっくりと少しずつ食べ物を胃に送り込むことが必要となります。
そのため、復食期間は断食期間と同じ日数を取るのが通常です。
そしていきなりそれまでと同じような食事を取ったりせず、おかゆや果物、ゼリーなどの胃に負担のかからないものから食べていきます。
特にプチ断食でない完全な断食を行った場合は、重湯から始めるのが良いと言われています。

そうして徐々に胃を慣れさせていけば、復食期間が終わる頃には通常の食事が取れるようになります。
しかし断食ダイエットの効果は持続されているので、前より食べる量は減ったり、味覚が変わったことにより添加物を摂取しすぎない食生活を送れるようになるのです。
復食期間を無事終えるまでが断食です。
これを充分理解し、断食ダイエットを成功させましょう♪

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です