断食農法と断食ダイエットの共通点

農作物の栽培や育成に興味がある方なら、断食農法と呼ばれる栽培方法をご存じかもしれません。
国内では、永田照喜治氏が提唱した栽培方法で、永田農法やスパルタ農法等とも呼ばれる事があります。
栽培する植物に生体を維持する為のギリギリの状態の水分、肥料を与える事で、本来の生命力の発揮を期待する栽培方法です。
こうする事で驚く程、栄養価が高く美味しい農作物の収穫が可能な事が立証されています。
また古くからネギ等でも植える前に苗を干しておく干し苗が行われてきました。
干し苗にしたネギはそうでない苗と比較すると、太く病気に強いネギに育つのです。

これらの考え方は、人間の断食でも共通する様に思います。
人間の消化器官でも、一定期間、栄養素や水分を遮断される断食は大きなストレスには違いありません。
しかし断食期間には消化器官は消化吸収を行うと言う、従来の忙殺されている状態から抜け出す事ができます。

大きくジャンプをする為には、大きく踏み込む必要があります。
植物も人間も、ジャンプをする為に踏み込む動作に該当するのが、断食と呼ばれる行為なのではないでしょうか。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です